プライベートで名刺を作る

サラリーマン
まずは、ブログランキングを確認してみる。

↓↓↓ クリック ↓↓↓

セミリタイアランキング

まずは、ブログランキングを確認してみる。

↓↓↓ クリック ↓↓↓

セミリタイアランキング

こんにちは、ジョーカワです。

私はサラリーマンの傍ら、不動産賃貸業で大家さんもやっています。
大家の会やビジネスセミナーに参加した際、名刺が無くて非常に困りました。
そこで、プライベートの名刺を作成しました。

名刺が無くて困った!

日本では色々な人と出会う時に、名刺交換から始まります。
サラリーマンの世界では当たり前でして、会社が名刺を用意してくれます。
しかし、プライベートで自分を紹介する名刺が無くて、困りました。

大家の会やビジネスセミナーに参加した際、多くの方と挨拶します。
名刺を頂く事が多いのですが、私は名刺が無い為に相手は私の事を認知してくれません。
何よりも、名刺を頂いた相手に失礼な行為だと思います。

そして、つい最近このような事がありました。

著名な不動産投資家のセミナーを立て続けに聴講する機会がありました。
あいさつをしたかったのですが、こちらの名刺が無い為、先方も私の事を理解しないまま会話をしていました。

お互いにどういった人物かが分かれば、相手を認識した上でコミュニケーションができたと思います。

また参加者にも素晴らしい投資家の方がいたので、名刺を頂きました。
しかし、私はプライベートの名刺を持っていないので、会社の名刺をお渡しする事になりました。

これでは、ダメだと痛感しました。

名刺が無くてもLINEやTwitterで繋がれる?

仲良くなった方に、LINEやTwitterで連絡を取り合う事もあります。
しかし、自分よりも凄い方がたくさんいる中、「LINE交換して下さい」「Twitterでフォローし合いましょう」となかなか言い辛かったのが現状です。

一応サラリーマンの名刺を用意して、その裏にプライベートのメールアドレス等を書いていましたが、わざわざ面倒です。
そして、サラリーマンとしての所属や役職は、プライベートではできれば排除したいところです。

しばらくは、興味のある方に「情報発信されていますか?」と伺い、こちらからデジタルで連絡を取らせて頂く日々が続きました。

プライベートの名刺を作る

名刺を作成するにあたって、名前以外に何を記載しようか悩みました。
大概のサラリーマンなんて会社の後ろ盾がなければ、こんなもんです。

記載する内容としては、このような事を考えました。。

  • キャッチフレーズ
  • アバター(似顔絵)
  • 本名
  • ニックネーム
  • 居住地(○○市○○町)、出身地
  • ブログ(QRコード)
  • Twitter
  • LINE(QRコード)

名刺のオモテ面だけで、これだけ盛り込みました。
といっても、白地に文字がメインなので、混み混みはしていないと思います。

キャッチフレーズは、少し悩みました。
「サラリーマン大家」でも良かったのですが、それだと面白くないので、「古民家大好きサラリーマン大家」にしました。

名前の横に写真を入れてもいいのですが、似顔絵としてアバターを作成しました。
結構似ていると思います。

ニックネームは、大家の会に登録している名前です。
「ジョーカワ」にしたかったのですが、似たような名前なので別にいいかなと思います。

居住地や出身地は、ご近所さんやゆかリのある人ならば、話が弾むと思います。

ブログやTwitter、LINEは、情報発信や連絡先を伝えるのにいいと思います。
わざわざ入力するのも面倒だと思うので、QRコードも入れました。

名刺を作成してみて

名刺を作成するのは難しいかなと思いました。
しかし、QRコードはインターネット上でできますし、名刺作成もインターネットでデザインから発注まで出来ます。
思ったより簡単なので、サラリーマンの方はプライベートの名刺を作ることを強くお勧めします!

名刺は、自己紹介が主たる使い方ですが、先方とのコミュニケーションを円滑にするツールです。
できるだけ情報を記載して先方との共通点を探り、距離を縮めていきましょう。

まとめ

今更感で名刺を作ってみましたが、なぜもっと早く作らなかったのか自分でも不思議です。

サラリーマンの名刺も自由に作ることができれば、個性が際立つと思います。
いや、サラリーマンは没個性だから厳しいかも…。


思い立ったらすぐ行動!

あなたもぜひプライベートの名刺を作りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました