副業と就業規則

サラリーマン
まずは、ブログランキングを確認してみる。

↓↓↓ クリック ↓↓↓

セミリタイアランキング

まずは、ブログランキングを確認してみる。

↓↓↓ クリック ↓↓↓

セミリタイアランキング

こんにちは、ジョーカワです。

サラリーマンはどんなに理不尽だと思っても、会社のルールや辞令に従わなくてはなりません。

例えばよく聞く話として、自宅を買った途端に異動を命じられ、新築なのに自分が住んでたのは数ヶ月だけで、その後は十年以上も単身赴任でした、なんていう話があります。

異動や配置転換は会社に強く認められた権利ですので、これを拒否すれば懲戒解雇もありえます。

ジョーカワ
ジョーカワ

理不尽な内示が出た時点で、転職活動を始める人もいます。

会社に対して抗う事はやめましょう。

会社は上手く利用して、自分と家族が幸せになれるよう人生設計しましょう。

その為にも、これからの時代は副業(複業:パラレルワーク)が当たり前になってくると思います。

こちらのサイトでは、副業について分かりやすくまとめられています。

副業研究所

自分にあった副業を見つけてみましょう。

副業を行う上で、必ず問題として出てくるのが、就業規則の「副業禁止」に引っかからないかという問題です。

副業禁止とは

そもそも副業とは何でしょうか。

副業の定義は無く、人によっては、兼業やサイドビジネスという言い方をしています。

一般的には、本業(例えばサラリーマンとしての収入)がありながら、他の収入がある場合にそれが副業と言われます。

所属している会社の就業規則を見たことはありますか?

古い会社では、就業規則の中に副業禁止を明記しているところもあります。

直接的だけでなく、遠回しな書き方で副業を禁止している会社もあります。
例:「副業はこれを禁止する」、「社員は職務に専念して、副業等の社外における営利活動を禁止する」「社員は別法人に所属してはならない」

こう書かれると、堂々と副業をするのは躊躇してしまいますよね。

あなたも必ず会社の就業規則を確認し、副業禁止が明記されていないか確認しましょう。

副業は法律上OK?

就業規則で副業を明確に禁止している場合、社員が副業をしてしまうと懲戒解雇されるのでしょうか。

なんと、会社が就業規則で副業を禁止しても、法的な拘束力はありません。

むしろ憲法22条の「職業選択の自由」を侵害行為とする行為との見方が多いです。

副業禁止!!と会社が言っても、それはただの社内ルールというわけです。

ちなみに、公務員は国家公務員法・地方公務員法で副業は禁止されています。
(最近は解禁の流れになっています。)

また2018年1月には、厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成し、各社が参考にしていた「モデル就業規則」から、副業禁止の規定が削除されました。

国としても年金制度が崩壊しているので、自分たちで稼いで老後の為に備えておいてね、というメッセージだと思います。

ジョーカワ
ジョーカワ

今は会社には内緒で、堂々と副業しましょう!

絶対にしてはいけない副業とは

解雇にならないという事で、好き勝手な副業をしていいというわけではありません。

過去の判例では、副業が

・本業に悪影響がある(深夜のバイトで遅刻が続く)
・本業の競合他社(同じ業種で別会社を立ち上げて顧客を奪った)
・本業の信頼を落とした(風俗店で働いた)

となった場合に、解雇をした会社を認める判決が出ております。

逆にいうと、

・本業に影響がない
・本業と協業しない
・本業の信頼を落とさない

といった内容であれば、副業は認められていると考えて良いです。

就業時間内に副業をしてはいけないので、就業時間前後(朝、夜)や休日に副業を行いましょう。

その際に絶対やってはいけないのは、時間や体力をお金に変える(深夜のバイトなど)副業です。
何をするにも最初は労力が必要ですが、常に時間給となるアルバイトをしてしまうと、本業に悪い影響が出てきます。(居眠りしたり頭がぼーっとしますね)

サラリーマンにお勧めの副業は以下に記載しています。

まとめ

副業は、日本国民に認められた権利です。
本業に影響が無い範囲で、着実に収入の柱を増やしていきましょう。

絶対にしてはいけない副業もあるので、気をつけましょう。
今の時代、ネットを使えばいくらでも稼ぐ方法はあります。

副業をするなら、社内にバレないようにしましょう。
世の中にはつまらない人がいて、他人の幸せを妬み(ねたみ)僻み(ひがみ)嫉む(そねむ)人がいます。
そういった人に副業がバレると、変な風に言いふらされて、本業がやり辛くなります。

副業をするなら、社内で付き合う人も考えないといけませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました