嫁ブロックに「対策」って何様だ!

不動産
まずは、ブログランキングを確認してみる。

↓↓↓ クリック ↓↓↓

セミリタイアランキング

まずは、ブログランキングを確認してみる。

↓↓↓ クリック ↓↓↓

セミリタイアランキング

こんにちは、ジョーカワです。

新型コロナウィルスにより、仕事(本業です(本業ってサラリーマンの事です))にもまだまだ影響が出ております。

そんなこんなで、もう8月!!

6月に購入した戸建ては、ガス屋さんへの相談と屋根屋さんに補修をお願いしているだけで、自分では何も動いてません。

物件見学会をして、楽しんだだけかな。

ジョーカワ
ジョーカワ

釣った魚にはエサをやらない訳ではありません。

さて、不動産投資でも資産運用でも、パートナーを含めた家族の総意が重要となります。

一般的に、男性サラリーマンが不動産投資をしようとしても、奥様の反対意見が強ければ、事は進みません。

いわゆる「嫁ブロック」というものです。

その事について過去少し記載しています。

嫁ブロックに対策は無い。

自分が書いた記事とはいえ、「一緒に夢を持つ」だの「プレゼントしろ」だの、上から目線でよく言いますね。

そもそも対策なんていう小手先で考えるようでは、相手も人なので上手くいくものではないです。

結婚した時点で、お互いに価値観が合わなければ、合わせるように歩み寄るものだと考えています。

先ほどの記事も間違っては無いですし、実際に僕が行なっている事なので、「嫁ブロック」に悩んでいる人は、まずは実践してみるといいと思います。

その上で、なぜ「嫁ブロック」が起きているのか、どうすれば起きないのかを考えて、その対策を立てて実行し、修正をしていきましょう。

ジョーカワ
ジョーカワ

なーんて、こんな事を考えてたらサラリーマンの仕事と一緒で、楽しく無くなりますよ。

嫁ブロックがあるのは良い状態。

ありがたい事に、僕の妻は何もブロックしてこないです。

それどころかファイナンシャルプランナーの試験を受けて、2級まで取得してくれました!

おかげ様で、FPに関しては僕以上の知識を持っているので、将来は安泰です♪(安易)

ただ少し「保険」については、意見の相違があります。

ジョーカワ
ジョーカワ

妻は保険を重要視し、僕は保険はほぼいらないものだと考えます。

余裕資金と自制心があれば、学資保険等いらないと思います。

資産運用が好きな我が家でも色んな考えがあるので、多くの家庭ではそう意見は一致しないと思います。

そういった意味でも、家族内に違う意見が存在するのは良い状態だと思います。

「嫁ブロック」が存在しているのは、家庭内に違う意見があるという事で、家族関係は良い状態と考えてみてもいいのではないでしょうか。

僕なら、更にどうするか。

先の記事では、自分が行っている事を書きました。

それを踏まえて、更に僕なら何をするか考えてみました。

・余計なお金は使わない。

嗜好品や趣味で多額のお金は使いません。

生活資金に負の影響のある嗜好品や趣味は、ただの浪費です。

浪費家は、家族に嫌われます。

不動産投資で協力を得たいなら、自分が浪費家ではないと思ってもらう行動をしましょう。

ジョーカワ
ジョーカワ

不動産投資でお金を持つと散在すると思われたら、絶対に協力してもらえません。

・家事育児を全てする。

日本の男性の家事・育児の参画時間は、世界的に見ても低水準です。

色々と理由はあるでしょう。

会社で上司からプレッシャーをかけられ、顧客からは怒鳴られ、思ったように仕事も満足に進まない。

同僚と愚痴を言い合う毎日で、ビールを飲んでストレスを忘れるしかない。

くたくたに戦ってきて帰ってきて、家事・育児をする気力も体力も無い。

 

分かります・・・。

気持ちは分かりますが、そんなくたくたな人が不動産投資に労力を割けるでしょうか。

くたくたな人が、「不動産投資するよ」といっても、信じてもらえません。

奥さんからすると、更に家事・育児に協力してもらえない事は大きなストレスになります。

そこで、家事・育児は全て自分がする事にします。

奥さんには、協力してくれてありがとうという感謝の気持ちしか持ちません。

「僕は家事・育児もできるし、まだ余裕があるんだ。その余裕で不動産投資をして、経済的にも時間的にも更に余裕になるんだ。二人で一緒に余裕になろうよ。」

奥さんからすると、家事・育児もしているのにまだ余裕があるのか、不動産投資も余裕にできるのでは・・・、と錯覚を起こします。(錯覚??)

ここに専業主婦、共働き、関係ありません。

自分がどんなに追い込まれていても、家事・育児は全て自分がやりましょう。

ジョーカワ
ジョーカワ

といっても全てが難しければ、奥さんがしてくれている家事・育児を奪い取るつもりで、自分から積極的に行いましょう。

そして、心ではこう唱えるのです。

時代と逆行しているかもしれませんが、男たるものこういう姿勢もかっこいいと思います。

まとめ

「嫁ブロック」で、不動産投資が前に進まない人も多いと聞きます。

個人的には、「パートナーは鏡で写した自分の姿」と思っています。

反対されるのは自分自身に原因があるので、パートナーを恨めしく思うのは間違っています。

家事・育児をしていく事で、奥さんも態度を見直してくれます。

まずは、自分の行動を変えてみましょう!

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました